トップ > 品質管理について > ISO22000認証工場 > 方針

ISO22000認証工場の方針

食品業界では度重なる不祥事がおこり、いま多くの消費者から信頼回復を求められています。株式会社タカノは、下記の方針を揚げて、業界最高水準の安全を追求するとともに、顧客の満足度を得るべく日々努力しております。

  1. お客様の喜びは私たちの喜びという理念をかかげ、全従業員が仕事の意義を十分に理解し、お客様に最高の満足を提供します。
  2. 食中毒をはじめとした、食品衛生上の危害を完全に防止するため、全従業員が徹底した清掃と衛生管理を行います。
  3. 法令・規則を守り、環境にやさしい商品開発を進め、生産農場を初めとした取引先企業と協力して、安全・安心のシステムを確立します。
  4. フードチェーン全体の食品安全を確実にするために、原料供給者・取引先・消費者・規制当局などの関係者と十分な情報交換を行なう。また、社内では食品安全チームが中心となりコミュニケーションを活発にして、食品安全マネジメントシステムの有効性を維持する。

ISO22000認証工場

株式会社タカノは、2002年に鶏卵業界の先陣を切って第三者評価機関によるHACCP/ISO9001(品質マネジメントシステム)の認証を取得しました。これにより、基本的な衛生管理を基盤にHACCP(ハセップ)システムを構築するとともに、ISO9001の認証を同時に取得し、「お客様の喜びは私たちの喜び」という当社の経営理念に基づく品質管理システムを導入しました。
さらに、2006年10月、ISO22000(食品安全マネジメントシステム)の認証も取得しました。このシステムの導入により、食品安全のレベルを一層強化する取組みを進めることが可能になりました。このように、当社は、社員が仕事の意義を十分理解し、喜びを持って顧客満足度を追求し、世界の鶏卵業界最高水準の鶏卵製造工場を目指しています。



ISO22000認証登録証